マニュアルや手順書の作成ソフト比較はBESTR

BESTAR:最適なサービスは星のように輝く

基本を理解できる

2019年5月14日
34967 views
約 2 分
基本を理解できる

新人教育

どんな企業でも新入社員はいます。

右も左もわからない新人に一から教えていく事は、指導者に少なからず負担がかかります。

また、教えてもらう側も指導者に質問するタイミングや同じことを聞くことに気を遣うことが多々あることでしょう。

そんなとき、社内で同じマニュアルを共有し閲覧できる環境があると、業務の全体像も把握でき、自分のペースで手順を踏みながら覚えていくことができます。また、マニュアルがあると繰り返し確認することで疑問や質問が減り、指導する時間も省けるので、指導者も自分の仕事に集中することができます。

もちろん、すべてマニュアル任せるのではなく、重要なポイントは直接伝えることは欠かせないでしょう。

仕事の質を安定させる

企業には複数の人間がいるため、人によって能力やスキルも違います。

マニュアルを活用すれば、全員が平均した質や量を保つことが可能です。そして、「その人にしかできない」という仕事をなくし、効率よく誰もがある程度のレベル以上の仕事ができることは、企業の発展につながるのではないでしょうか。

注意

マニュアルは、品質や効率を保つための教科書のようなもの。それだけにならないように注意が必要です。

なぜなら、日々の業務の中で、マニュアル通りにならないことも起こりうるからです。

マニュアルに頼りすぎると、想定外のことが起きた時に対処ができなくなってしまうかもしれません。

そんなときは、マニュアルに沿って臨機応変に対応できるように、日々心がけて行く必要があります。

また、完成したマニュアルは永久的なものではありません。業務の変化に合わせて常に更新が必要であることを忘れないでください。

Facebookでコメント